消化器内科このページを印刷する - 消化器内科

消化器内科部長 大西 佳文

消化器内科部長 大西 佳文

腹部全般の内科ですが、具体的には、消化管(食道、胃、小腸、大腸)と肝臓・胆道・膵臓の病気に対する診療を行っています。患者様の生活の質を最優先させる方針で、検査、治療にあたっており、常に最新の医療や技術を提供できる様に各科とも密に連携をとり、診療を行っています。

対象疾患・診療内容

対象疾患


消化管では、早期癌に対する内視鏡的治療から、逆流性食道炎や胃潰瘍などの薬物治療、炎症性腸疾患に対する白血球除去療法まで行っています。
肝疾患では、肝炎に対するインターフェロン療法、肝癌に対する肝動脈カテーテル治療、RFA(ラジオ波焼灼療法)を行っています。胆・膵疾患については、超音波内視鏡を積極的に行い、早期癌(膵癌、胆管癌)の発見に努めています。また、胆管結石に対する内視鏡的治療や胆道癌、膵癌に対する化学療法や胆道ステントを行っています。


スタッフ紹介

                
氏名 役職 専門分野 出身大学
松田 浩二 診療部長 消化器内視鏡 防衛医科大学校
大西 佳文 部長 肝・胆・膵の分野を
中心に消化器一般
昭和大学
榎澤 哲司 非常勤講師 外来内視鏡担当 昭和大学
小林 慎二郎 非常勤医師 外来内視鏡担当 東京医科大学
松下 知佳 非常勤医師 外来内視鏡担当 山形大学
坂木 理 非常勤医師 外来内視鏡担当 昭和大学

診療実績

診察内容 件数
上部消化管内視鏡 1,820件/年
下部消化管 960件/年
ERCP 220件/年
EUS (超音波内視鏡) 120件/年
Angio(TAE・リザーバー) 80件/年
RFA 50件/年