整形外科・リウマチ科このページを印刷する - 整形外科・リウマチ科

整形外科では、主に上肢、下肢、脊椎、骨盤などの病気やケガを、リウマチ科では、関節リウマチの診断と治療を、先端医療を導入しつつも標準治療を基本に、必要な時は他科とも連携しながら診療しています。診察待ち時間の短縮のため、出来る限り病診連携システムを利用して紹介状を持参して受診して頂けると有難いです。

対象疾患・診療内容

外傷 骨折、脱臼、捻挫など(頭、顔は脳神経外科・眼科・耳鼻科・口腔外科で、胸腹部は外科・心臓血管外科です。)膝半月板や靱帯損傷、野球肩・野球肘などのスポーツ外傷もご相談ください。診療時間外も24時間で外傷対応を行っています。
骨粗鬆症 高齢者の骨折が増えていますので、骨折や寝たきりの予防に早めの検査や治療をお勧めします。効果的な薬が続々と発売されていますので、早期診断・早期治療で骨密度の増加や骨折の予防が期待できます。骨粗鬆症診療支援スタッフがいますので、お気軽にご相談ください。
関節疾患 変形性関節症(膝痛や股関節痛)や五十肩、扁平足、外反母趾などの慢性疾患の診察と治療を行っています。病状に応じて、人工股関節置換術、人工膝関節置換術、人工肩関節置換術、関節鏡手術などを行っています。
関節リウマチ 近年では効果的な薬(メトトレキセートや生物学的製剤など)を使用することによって寛解が期待できますので、受診後2~3ヶ月間は薬物治療をしっかり行いますが、それらの薬を使用しても症状が良くならない場合や痛みが強い場合は、手術(関節鏡視下滑膜切除術、関節形成・固定術、人工関節置換術など)を行うことがあります。リウマチ専門看護師やリウマチ専門薬剤師もいますので、お気軽にご相談ください。特発性大腿骨頭壊死症の手術治療を行っています。
骨・軟部腫瘍 良性腫瘍の手術を行っています。悪性腫瘍が疑われる場合は、他の専門病院に紹介することもあります。
脊椎・脊髄疾患 脊椎圧迫骨折に関しては、最新のレントゲン透視機器を用いた、低侵襲BKP手術(経皮的椎体形成術)を行っています。また、椎間板ヘルニアの手術なども行っています。

スタッフ紹介

                
氏名 役職 専門分野 出身大学
中西 亮介 整形外科診療部長 整形外科一般、外傷 昭和大学
小林 哲士 整形外科医長 整形外科一般、外傷 聖マリアンナ医科大学
武田 英明 整形外科医師 整形外科一般、外傷 昭和大学
大沢 延行 整形外科非常勤医
(水曜日)
脊椎外科 昭和大学

診療実績

2017年度の手術実績 件数
関節/上肢 41件
関節/下肢 39件
関節/脊椎 1件
骨折(小児も含む)/上肢 155件
骨折(小児も含む)/下肢 242件
腫瘍 8件
その他 82件
合計 569件