脳神経内科このページを印刷する - 脳神経内科



副院長 溝口 功一


副院長 溝口 功一


診療部長 本間 豊


診療部長 本間 豊



脳神経内科は、神経変性疾患、神経免疫疾患、筋疾患、脳血管障害などを対象としている診療科です。しかし、当院では、主に脳血管障害以外の疾患を対象とした診療を行っています。

 神経変性疾患の中には、パーキンソン病・脊髄小脳変性症・多系統萎縮症・筋萎縮性側索硬化症など、いわゆる神経難病と呼ばれる難治性の疾患が多くあります。これらの疾患では、症状を軽減させる薬剤はありますが、完治させるための薬剤はありません。従って、疾患により進行速度は異なりますが、徐々に症状が進行していきます。このため、対症的な治療法とともに地域の医療・看護・介護を利用して、患者さんの希望される生活を援助することが大切になります。当院では、医師だけでなく、看護・リハビリテーション部門のスタッフ・ソーシャルワーカーなどが協力して、患者さんとご家族が希望される生活を実現できるようご協力させていただきます。

 一方、多発性硬化症・重症筋無力症・慢性炎症性脱髄性多発神経炎といった免疫性疾患も当院で診療の対症となる疾患であり、それぞれの疾患により特徴的な症状があります。例えば、重症筋無力症では、物が二つに見える・まぶたが下がるといった症状が特徴的で、しかも朝よりも夕方に症状が出やすいのが特徴です。また、多発性硬化症と慢性脱髄性多発神経炎では、運動麻痺やしびれといった感覚障害などが、数日から数週間で悪化していくことが特徴で、症状のパターンは患者さんによって異なります。これらの疾患は、免疫グロブリンの大量投与など、免疫を調整する治療により社会復帰が可能な場合がありますので、早期発見・早期治療が大切です。

 脳神経内科を初診される患者さんについては時間をかけて診療することが大事と考えています。申し訳ありませんが、できる限り病診連携システムを利用して紹介状持参で受診して下さるようお願いします。

スタッフ紹介

氏名 役職 認定医・専門医 出身大学
溝口 功一 副院長 医学博士、日本神経学会専門医・指導医、
内科認定医
浜松医科大学
本間 豊 診療部長 医学博士、日本神経学会専門医・指導医、
内科認定医、総合内科専門医
福島県立医科大学
田中 裕三 脳神経内科医員 日本神経学会専門医、内科認定医、
総合内科専門医、
日本臨床神経生理学会専門医
(筋電図・神経伝導分野(EMG))
大阪医科大学卒
深野 崇之 脳神経内科医員 内科認定医、脳卒中専門医、
日本脳神経血管内治療学会専門医
浜松医科大学
中村 聖悟 脳神経内科医員 日本神経学会専門医 山口大学
堀内 公成 脳神経内科医員 内科認定医 熊本大学