歯科口腔外科このページを印刷する - 歯科口腔外科

歯科口腔外科部長 佐々木 剛史

歯科口腔外科部長
新井 俊弘

歯科口腔外科(病院歯科)とは
開業の歯科の先生方は、義歯(入れ歯)、虫歯・歯槽膿漏の治療が主で、開業の先生方が処置に困ると思われる口の周囲の病気・有病(心臓病など)の患者さんを紹介していただいて、院内他科と密接に連携して、安全かつ平穏に治療を行なうところです。もちろん入院をしていただくこともあります。
当科の紹介率は60%くらいです。

対象疾患・診療内容

1)埋伏智歯(親知らず)の抜歯。その他顎骨内に埋伏している歯の抜歯
2)有病の方の抜歯・歯科治療
3)顎骨内の嚢胞(例―歯根嚢胞~虫歯の根の先の病気)の摘出
4)顎の骨折の手術・固定
5)口の周囲の良性腫瘍の摘出
6)他科で入院中の患者様の治療


マンパワーの関係もあって、当科で行なえる治療にも限りがあって、悪性腫瘍(癌など)や大きな手術になる可能性の時は東海大学(神奈川県伊勢原市)に依頼して手術・治療をしていただき、その後は患者様の負担をできるだけ少なくなるように、早期に当科で経過観察を行なっています。


スタッフ紹介

氏名 役職 専門分野 出身大学
新井 俊弘 部長 口腔外科 東北大学
内田 順平 医師 口腔外科 日本歯科大学
佐々木 剛史 非常勤医師 口腔外科 東北大学

特殊外来

毎月第1・3月曜日 大学で手術をした患者様の経過観察や、診断・治療が困難な患者さまを一緒に拝見し・検討するために大学から医師が来て診察いたします。

診療実績

内容 人数
2008年度 外来延べ患者数 2,732名(11人/日)
新患 1,639人
紹介状あり 986人(60%)