泌尿器科このページを印刷する - 泌尿器科

泌尿器科部長 間庭章光

泌尿器科部長 間庭章光

当科では泌尿器各種疾患に対し早期診断、早期治療、をモットーに、患者様の希望に沿った治療を心がけております。泌尿器疾患のうち、ごく一部を除き当科にて対応可能です。なんなりと御相談ください。

対象疾患・診療内容

泌尿器科では副腎、腎臓、尿管、膀胱、前立腺、尿道、精巣などの臓器の良性、悪性腫瘍、感染症、結石などの疾患を取り扱っております。
泌尿器科全般の治療が可能ですが、当科の特色として以下のものがあります。


 

■腎腫瘍に対し山梨大学医学部泌尿器科の協力のもと、小切開鏡視下手術(ミニマム創手術)
   を開始しました。術創が小さく術後の疼痛が少ないのが特徴です。

■尿路結石の内視鏡治療に対し、細経尿管鏡、結石破砕様レーザーを備え、内視鏡手術
   の合併症の軽減と成績向上をはかっております。

■当科では尿路結石に対する体外衝撃波結石破砕も可能であり、当院の破砕装置は比較
   的患者様の疼痛が少なく好評です。

■尿管ステントの挿入や交換はすべて外来にて、軟性膀胱鏡を使用して行っており患者
   さまの疼痛軽減に役立っております。

スタッフ紹介

氏名 役職 専門分野 出身大学
間庭 章光 部長 泌尿器科全般 山梨医科大学
鈴木 祥司 医長 泌尿器科全般 山梨医科大学