放射線科このページを印刷する - 放射線科

放射線科診療部長 杉山 彰

放射線科診療部長 杉山 彰

中央放射線診療部では各科の医師により多種多様の検査、治療が行われています。放射線科はその中心として機能しています。各種の画像診断は色々な診療科を横糸で結びつける、縁の下の力持ちの役割です。放射線科の仕事は大きく画像診断と放射線治療に分かれます。患者様を中心として、無駄がなく、最も効率のよい検査、最適な診療を目指して診療にあたっています。入院ベッドがあり、遠方の方でも安心して放射線治療や化学療法、IVR治療、緩和医療を受けていただいております。

対象疾患・診療内容

放射線科の診療内容は以下のようになります。
 

画像診断 CT診断 MRI診断 RI診断
血管造影検査 単純Ⅹ線撮影 造影検査 マンモグラフィー
インターベンションについて CT下生検
各種緊急止血
肝臓癌の超選択的動脈塞栓療法
転移性肝腫瘍の動注治療
膀胱癌の膀胱温存療法
気管支動注、塞栓術療法
各種ドレナージ
放射線治療 【種類】
外部照射
密封小線源治療
非密封の放射線同位元素による治療(対象:甲状腺機能亢進症)
【放射線治療の対象疾患】
脳腫瘍 頭頚部癌 肺癌 乳癌 食道癌 肝癌 子宮癌 膀胱癌 前立腺癌
睾丸腫瘍 悪性リンパ腫 転移性骨腫瘍、その他各種癌腫

インターベンションについて

従来であれば開腹など外科的処置が必要であったような特殊検査や治療を、X線透視などのガイド下にカテーテルなどを進め、局所麻酔下に針穴程度の傷で行なう手技を、インターベンションと総称しています。血管造影のテクニックを用いて、抗癌剤の局所投与(動脈内注入:動注)、悪性腫瘍などに対する塞栓療法、各種出血に対する止血、血栓溶解などを行なうものや、CTガイド下に深部臓器の組織を試験採取(生検)、膿瘍に対するドレナージ術など、色々な手技、手法があります。

信州大学

スタッフ紹介

氏名 役職 専門分野 出身大学
杉山 彰 診療部長 放射線治療 三重大学
阿部 彰子 診断部長 CT、MRI診断 名古屋市立大学
一瀬 あずさ 医長 CT、MRI診断 東北大学
中嶋 貴志 医師   信州大学
奥原 博久 非常勤医師 CT、MRI診断、乳腺診断 新潟大学
清水 敦夫 非常勤医師 各種IVR、診断全般 東北大学